×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大東建託と賃貸情報!

大東建託と賃貸

カテゴリー :大東建託 賃貸

大東建託株式会社は、東京都港区に本社を置き、3つの営業本部(東日本・中日本・西日本)体制をとり北は旭川から南は沖縄までの188支店(平成19年4月1日現在)を展開し、賃貸などを行う建設会社である。代表取締役会長兼社長は多田勝美氏です。

東証1部・名証1部上場。賃貸住宅の管理戸数では業界トップで、供給ベースでも積水ハウスに次ぐ業界第二位の大手です。現在、賃貸住宅事業をオーナーに代わって会社単独で一手に担う「賃貸経営受託システム」を全面に押し出し、賃貸住宅の提案から施工、客付け、建物管理(子会社の大東建物管理株式会社が担当)まで行っています。

大東建託は建設会社としては極めて異色で、取引業者からの贈答品は一切受け取らず、また接待を受けることも社内規定で厳しく禁止されています。創業来の無借金経営を貫く地道な経営で知られているのが大東建託です。

大東建託は理系大学生に人気が高く、情報公開に力を入れていて経営の透明性にも定評があり、ホームページは2005年の日興アイアールの業種別ランキングで「最優秀」に選ばれました。一方で賃貸などの営業社員の長時間勤務、月間1日程度とも言われる休日の少なさ、過酷なノルマなどから、営業社員の定着率は極めて悪く、常に求人を繰り返している状況もあります。

コラム > 大東建託と賃貸について書かれています。

大東建託の株価状況

カテゴリー :大東建託 株価

建設業で多くの物件を持っており、アパート経営などもサポートしている大東建託ですが、株価のほうはどうなっているのでしょう。

大東建託の最近の株価の状況です。私も株価に対してはあまり詳しくないのですが少し紹介したいと思います。

9月26日の大東建託(1878)の株価、本日の終値のは5,320円で、前日の終値5,130円に比べて+190円(+3.70%)でした。9月18日以来の騰落は+120円で、先週比は+2.30%。8月27日以来の騰落は-80円で、先月比は-1.48%でした。

テクニカル指標についていうと、RSIは52.75%、20日移動平均線乖離率は+0.75%、サイコロジカル(14日)は50.00%となっていまる。

日々変動する株価ですので、テクニカル指標やチャートなど、詳しい詳細など掲載しているページなどでしっかりチェックしておきたいですね。
大東建託の株価も騰落したりしておりますが、たくさんの情報を得て、失敗や損のない投資判断をしていきたいものです。
大東建託の株価はまだ今は待機しておいたほうがいいですかね。
東証一部上場企業の大東建託です。目が離せませんね。

コラム > 大東建託の株価状況について書かれています。

大東建託とアパート

カテゴリー :大東建託 アパート

大東建託アパートはおしゃれな外観のものが多く見られますよね。

もともと日本のアパートは、階数的には木造、軽量鉄骨造の構造上の制限により2階建てなどの低層住宅のアパートが多いです。大東建託のアパートもこんな二階建てや三階建てが多いんではないでしょうか。マンションには低層住宅、中高層住宅、高層住宅、もしくは超高層住宅があり、階数による区別はないが、一般的な概念としては中高層住宅、高層住宅の住宅用途の建物をマンションと呼ぶ場合が多いですね。

建物規模、敷地規模および戸数の観点から前項の一般的な概念によるマンションに比べてアパートは2〜3階建ての小規模・低層が多く、建築設備的にエレベータが設置されたアパートはあまりみられません。

アパートは建築基準法上はマンションと同じ共同住宅に区分されます。

また、2階建までのアパートのことを「コーポ」と称することもあります。アパートとコーポ、言われてみればどちらも同じ建物を連想しますね。

コラム > 大東建託とアパートについて書かれています。